オフィスマッサージは有効利用される

日本のマッサージは視覚障害者の人が活躍できるものであり、視覚使えない分触覚優れており、ちょっとした硬さの違いに気づきやすいなどの理由があります。ですが、いま効率的業務こなせるといったことで健常者がオフィスマッサージなど多くのマッサージサービスで視覚障害者より優先し雇用されていて、マッサージ師就職しにくい環境ができつつあります。自社でマッサージ師を雇いうといったこともできます。企業は障害者雇用促進法で一定の割合以上の障害者雇用をする義務があるのです。ヘルスキーパーを雇ってみればオフィスマッサージ提供の福利厚生の充実など課題を解決可能です。オフィスマッサージは福利厚生の充実をするうえで有効手段ですが、ただ導入するだけではそれほど効果がなく、どうすれば社員が利用しやすい環境を作れるのかを考えて行動しましょう。会話交わして剥生きたセラピストがちょっとした疲れがある会社員たちにマッサージを施すのはよくある光景で、実際オフィス内の会議室で行っていて、企業専門出張サービスのセラピストが行います。会社への出張マッサージといったサービスの裏には女性セラピストが長く仕事続けられる仕組みがあるのです。おぼえておきましょう。 

ホームに戻る